ザガーロのジェネリックは通販購入がおすすめ

ザガーロはフィンペシアと同じ飲み薬で、日本では2015年に認可されたばかりの比較的新しいAGA治療薬です。通販では有効成分が一緒である「デュタボルブ」などを購入できます。

ここではザガーロの効果やフィンペシアとの違いについて解説していきます。

ザガーロってどんな薬?

ザガーロについて
ザガーロは日本でもAGAの薬として知られるようになりましたが、それはごく最近のこと。フィンペシアよりも歴史は浅く、処方され始めたのは2016年のことです。

髪が細くなったり抜けたりする原因はDHTという男性ホルモンなのですが、ザガーロの有効成分であるデュタステリドはDHTの増加を防ぎ、抜け毛を予防する効果があります。

薄毛の薬に詳しい方なら、「フィンペシアと同じ効果なのでは?」と気付くかもしれません。

確かにDHTの増加を防ぐという点は一緒ですが、2つの薬には決定的な違いがあります。

フィンペシアとザガーロの違い

8
2つの薬に共通していることは、5αリダクターゼという酵素の働きを阻害するという点。この酵素はテストステロンをDHTに変える作用を持っているため、有効成分によって働きが抑えられると、薄毛の進行は止まります。

ただ、実は5αリダクターゼには1型2型が存在しています。

フィナステリドは2型にしか作用しませんが、デュタステリドは1型と2型の両方に効果的。つまりザガーロはフィンペシアよりも高い効果を期待できるのです。

通販で買えるデュタボルブは格安!

デュタボルブは病院でしか受け取れません。そしてその価格は同じ処方薬であるプロペシアよりもお高めです。

1ヶ月分 1錠あたり
プロペシア 7,000~9,000円 300円ほど
ザガーロ 9,000~12,000円 400円ほど

この金額は平均的な数値。初診料や再診料などを含めるとさらに高くなることがあります。

「飲み続けるには金額的に苦しい」という方は、通販で手に入るデュタボルブに注目してみましょう。

デュタボルブの有効成分はザガーロと同じデュタステリドです。抜け毛を食い止める効果は高く、価格は処方薬よりも安いため、長期的な服用が予想される場合におすすめです。

副作用が少ないAGA治療薬

ザガーロは副作用が出にくい薬としても注目されているのですが、薬である以上はどうしてもそのリスクが拭えません。ただ、他の薬と比べると発現率はかなり少ないことがわかっています。

ザガーロの副作用
・過敏症(蕁麻疹、アレルギー反応など)
・肝機能障害
・勃起不全(ED)

これらは発現率が1%以下とされています。また、デュタボルブにも同じ副作用が現れるため注意が必要です。

重篤な症状の発現は限りなく低い可能性ではありますが、なんらかの異常が生じた場合は服用をやめて医師に相談することも大切です。

ザガーロの飲み方について

ザガーロは錠剤タイプであるフィンペシアとは異なり、カプセルタイプです。

有効成分は粘膜吸収されるため、敏感な粘膜には強い刺激になる恐れがあります。カプセルを開いて中身だけを飲むのではなく、ぬるま湯や水と一緒にそのまま飲み込みましょう。

服用の時間帯は食前・食後のどちらでもOK。1日1回飲み忘れることがないように注意しなければいけません。

飲み方はデュタボルブも同じ

通販購入が可能なデュタボルブもカプセルタイプの薬で、飲み方に違いはありません。

飲み忘れに注意する点も同じ。数日空けてしまうと効果が弱まってしまったり、薄毛の症状が再発してしまったりする可能性もあるため、必ず1日1錠服用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする