効果が出ない原因は?フィンペシアの正しい飲み方をチェック!

薬の効果をしっかり発揮させるためには、正しい飲み方を理解しておく必要があります。効果が弱いと感じる場合、誤った飲み方を続けているのかもしれません。

フィンペシアの飲み方、そして効果が出ない場合の対処法について紹介していきます。

正しいフィンペシアの飲み方

フィンペシアの服用方法
フィンペシアは1日1錠の服用が基本です。

処方薬であるプロペシアは0.2mg1mgがありますが、フィンペシアは1mgのみ。最初のうちはピルカッターなどでカットして飲むのも悪くありません。服用してみて問題なさそうであれば1mgの錠剤を丸々飲むといいでしょう。

ED治療薬などのように服用のタイミングを気にする必要はなく、食前でも食後でも好きなタイミングに飲めます。ただ、毎日同じ時間帯に服用することが大切です。

過剰摂取は厳禁!

フィンペシアは一度に多くの錠剤を摂取してはいけません。決められた用量を超えてしまうと副作用が出やすくなり、思いがけない症状が現れて健康を害する恐れがあります。

フィンペシアの摂取量は1回につき1mgまでです。それ以上を摂取して高い効果が得られるということはないので、必ず用量を守るようにしましょう。

量を減らす分には問題ありません。ただし2分の1や4分の1にカットして飲む場合、しっかり保管するようにしましょう。妊婦や子供が触れてしまうと性機能障害などを招く恐れがあるため、接触を避けなければいけません。

飲み忘れに注意しよう

フィンペシアの効果を持続させるためには、毎日しっかり1錠服用する必要があります。薬を飲む時間をしっかりと決めていれば自然と習慣化するでしょう。

もしも飲み忘れを避けたいのであれば、曜日ごとに薬を分けられるピルケースを使ったりする方法がおすすめです。

小分けのピルケース

しかしそれでも飲み忘れてしまった場合、1日程度であれば問題ないため、特に焦ることはありません。ただ2日分まとめて服用するようなことはやめましょう。

フィンペシアは継続して服用することで高い効果を発揮する薬なので、できるだけ飲み忘れることがないよう気を付けることが大切です。

効果が出ないときはどうする?

フィンペシアが効かない場合
もしもフィンペシアを長期間服用しても効果がないようなら、別のAGA治療薬にシフトすることを考えてみましょう。

薬には相性というものがあるため、たまたまフィンペシアが合わなかっただけかもしれません。

薄毛に効く薬はフィンペシア1つではありません。通販では様々な薬を見つけることができます。身体に合うものが見つかれば効果を得られる可能性は高くなるため、成分などを比較してみるといいですよ。

しかし薄毛や抜け毛の原因がAGAではない場合、専用の治療薬が効かないことがあります。詳しい検査が必要になることもあるため、自己判断で治療を続けるのではなく、心配であれば病院を受診してみましょう。

他の薬と併用してみるといいかも

フィナステリドという成分は薄毛の進行を止める効果が優れています。しかし毛を増やしたり生やしたりする効果には期待できません。

「抜け毛は減ったけど髪は再生しない」
「育毛効果をまったく感じない」

と嘆いている方は、育毛効果が優れた薬とフィンペシアを一緒に使ってみるといいでしょう。塗り薬でも飲み薬でも構わないので、薬の併用を視野に入れることをおすすめします。

ミノキシジルなら塗るタイプと飲むタイプの両方があり、フィンペシアとも相性がいいので安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする