フィンペシアの副作用と服用時の注意点

フィンペシアはAGAの改善に最適な薬ですが、優れた効果を持っているだけあって、副作用が現れる可能性も高いと言えます。

安全な薄毛治療を続けるためには薬の副作用やリスクを知っておくことも重要です。

通販購入する前に、フィンペシアの効果以外のポイントもしっかりと把握しておきましょう。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用
フィンペシアに含まれる成分であるフィナステリドは、元々は別の病気の治療薬として開発されました。それが前立腺肥大症です。

前立腺肥大症とは加齢や生活習慣、食生活などが要因で男性ホルモンが変化し、前立腺が肥大して排尿障害などを引き起こす病気です。50歳以降の男性に多く発症します。

DHT(悪玉男性ホルモン)の生成を抑制するフィナステリドは、AGAの進行を防ぐ効果も明らかになり、治療薬として知られるようになりました。

薄毛治療の薬として高い効果を持っているものの、男性ホルモンの生成が抑えられることで起こる副作用もあります。

フィナステリドの主な副作用
■男性不妊症や勃起不全などの性機能障害
■肝機能障害
■蕁麻疹や血管浮腫などの過敏症

DHTは薄毛の原因になるものの、身体に不必要なホルモンというわけではありません。通常の男性ホルモンよりも強い作用を持ち、筋肉を増やしたりする作用があるため、特に男性の身体を形成する上で大切な存在です。

フィナステリドがDHTの生成が抑制するとAGAの症状は落ち着きますが、男性の性機能障害を起こす可能性があります。もちろんこれには個人差がありますが、注意すべき副作用の1つです。

そして肝機能障害にも注意が必要です。肝臓で分泌される酵素が活性化して倦怠感を引き起こすことがあります。

用法・用量をしっかり守り、過剰摂取を確実に避けることで副作用のリスクは低くなります。自己判断で用量を無視することは絶対にやめましょう。

子供への影響は?

AGAの薬が不妊を引き起こす可能性は確かに考えられます。しかし、フィンペシアを服用していることが原因で胎児に影響を及ぼすことはまずありません。

フィナステリドの副作用には性欲減退や精子の減少などがありますが、仮にパートナーが妊娠した場合、生まれてくる子供に障害が残ることは考えにくいと言えます。

しかしそれは男性がフィンペシアを服用している場合のみ。もし女性がフィナステリドを摂取してしまうと、胎児の性機能に異常が発生する可能性が高いのです。

女性、特に妊婦はフィナステリドを含む医薬品を飲んだり触ったりすることは避けましょう。

併用禁忌薬は特になし

医薬品の飲み併せには注意しなければいけない場合もありますが、フィンペシアは他の薬との併用が可能です。特にミノキシジルとの相性はかなり良いとされています。

フィンペシアの成分フィナステリドには併用禁忌薬がありません。しかし服用するなら健康に問題がないかをしっかりと確認するようにしましょう。

別の病気で服用している薬などがあり、身体への影響を心配しているのであれば、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

偽物のフィンペシアに要注意!

偽物のフィンペシア
薄毛の進行を止める効果があるフィンペシアは、クリニックで処方される薬と同等の効果が得られるということもあり、世界中で人気があります。

日本では通販でしか買えないフィンペシア。AGAに苦しんでいる男性にとっては、通院せずとも手頃な値段で買える薬は便利でしょう。

しかし人気がある薬であるからこそ、偽物が出回っている可能性もあります。

フィンペシアはインド産の医薬品で、有名な製薬会社で作られています。日本だけではなく世界各国に輸出されているため、その需要の高さに目をつけられて偽物が作られることもあるのです。

もし偽物のフィンペシアを飲んでしまった場合、

・AGAの改善効果がまったくない
・予期しない副作用が起こる
・最悪の場合命に関わる健康被害を引き起こす

といったトラブルが生じることも考えられるため、偽物を購入しないようにすることが大切です。

通販サイト選びは慎重に

AGAやED(勃起不全)、睡眠障害などの治療薬を扱う通販サイトを選ぶ際には、運営元の情報をしっかり確認するようにしましょう。

実在する住所や電話番号を載せているか、問い合わせ先はあるのかなど、信頼性の高さを見極めることが必要です。

フィンペシアは多くのサイトで取り扱われています。サイトによって販売価格は多少違っていますが、最安値を選ぶ方法はあまりおすすめしません。

第三者機関の鑑定書を提示しているサイトなら偽物を購入するリスクも低く、安心して薄毛治療に活かせます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする