ミノキシジル通販|市販の塗り薬より効果的ってホント?

ミノキシジルは飲み薬と塗り薬2つのタイプがあります。特にフィンペシアと併用する男性は多く、どちらも通販購入が可能です。

ただ、ミノキシジル系の市販薬を使っているという男性も少なくありません。

通販と市販、どちらの薬を買おうか迷っている方は必見!価格や効果を比較し、自分に合う薬を見つけましょう。

ミノキシジルの濃度に注目!

ミノキシジルの濃度に注目
AGAの改善効果がある有効成分はまだ少ししか開発されていません。薄毛治療に用いられる薬の種類は、ED(勃起不全)や不眠症などの治療薬に比べるとやや少なめです。

しかし、ミノキシジルが配合された飲み薬・塗り薬の種類は徐々に増えていて、ドラッグストアなどで販売されているものもあります。

特に塗り薬のバリエーションは豊富です。そこで注目すべきはミノキシジルの濃度

塗り薬の成分表示を確認すると、有効成分の含有量が記載されています。ミノキシジル○%と表示されているはずなので、購入時はしっかり目を通すようにしましょう。

濃度が高いほど作用も強力になり、薄毛の改善や育毛に効果的です。

市販のローションはミノキシジル何%?

市販グッズのミノキシジル濃度
市販されているミノキシジル系の塗り薬の中で、リアップスカルプDは高い人気を誇ります。

この2つの市販薬は様々なシリーズが存在しますが、ミノキシジルの最大濃度は5%です。その他の市販薬も5%が最大値となっています。

ドラッグストアなどで販売されている薬は処方箋が必要ありませんが、「第一類医薬品」はお店に在籍している薬剤師の説明を受けなければ購入できないものです。リアップやスカルプDも第一類医薬品に分類されます。

通販なら高濃度の塗り薬が手に入る!そして安い!

市販薬よりも高濃度のミノキシジルが配合された塗り薬は、通販で手に入れることができます。とは言ってもそれは普通の通販サイトではなく、海外医薬品の個人輸入代行サイトです。

同じ濃度(ミノキシジル5%)の商品の定価を比較した結果がこちら。

定価
市販(リアップX5プラス) 7,612円
通販(フォリックスFR05) 4,800円

リアップやスカルプDの最大濃度は5%ですが、通販なら最大16%の商品が販売されています。濃度が濃いほど効果も大きくなるので、市販薬では物足りないという男性にぴったりです。

ただし濃度が濃くなれば副作用が出る可能性も高くなるため、最初のうちは低濃度から使用してみることをおすすめします。

ミノキシジルはAGAにどう効くの?

ミノキシジルの効果について
ミノキシジルは元々、高血圧患者が服用するための薬として開発されました。血管を拡げる効果を持つ有効成分なのですが、後にAGAにも効くことが発見され、そこから育毛剤として注目されるようになったのです。

なぜ血管が拡がれば育毛効果が得られるのでしょう。

健康な髪は毛細血管から栄養を受け取り成長します。しかしAGAになると抜け毛を促す男性ホルモンが増え、髪が成長する前に抜けてしまいます。

そうすると毛細血管は徐々に狭まり、頭皮の血行不良を起こしてしまうのです。髪に十分な栄養が行き届かない状態となり、抜け毛が増える原因になります。

そこで活躍するのがミノキシジルの血管拡張作用です。

有効成分が狭まった血管を拡げると、髪に再び栄養が与えられるようになります。結果的に頭皮全体の血行促進に繋がり、髪が増えるというわけです。

ミノキシジルはその他にも発毛を促したり、抜け毛を防止したりする効果が期待できます。

塗り薬の副作用は少ない

塗り薬は皮膚から吸収されて作用します。そのため飲み薬よりも副作用が出にくいというメリットがあるのです。

ただ、副作用がまったく出ないというわけではありません。ミノキシジルの塗り薬を使用した場合、以下のような症状が現れる可能性があります。

ミノキシジル(塗り薬)の副作用
・頭皮の痒み・発疹
・フケの増加
・頭痛、ふらつき、めまい
・心拍数の上昇、動悸

発現率は低いものの、持病がある方などはよく注意するようにしましょう。

他の飲み薬と併用するのがおすすめ

発毛を促すミノキシジルをAGA治療に活かすなら、抜け毛を防止する効果を持つ薬と併用する方法をおすすめします。

フィナステリドを含むフィンペシアとの併用はかなり人気です。現に多くのAGA患者が2つの薬を使用し、症状改善を成功させています。

フィナステリドで抜け毛を改善し、ミノキシジルで育毛を促せば、より効率的な治療を行えること間違いなしです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする