AGAは薬で治る?治療方法や対策法を知ろう

髪が抜けて生え際が後退し始めると、本当に治るのかと不安になるものです。

しかしご安心ください。早めに治療を始めれば症状の進行を食い止められますし、対策法を実践すればAGAの発症を避けられることも考えられます。

ここではAGAの治療法・対策法を中心に紹介していきます。薄毛の兆候が現れて焦っている方は要チェックですよ。

AGAの治療法は様々

AGAの治療法
AGAは病気であるという認識が浸透している現在では、専門のクリニックなども全国各地で増えています。そして画期的な治療法も生まれました。

外科手術から服薬まで様々な治療法がありますが、どれが一番適しているかは断言できません。効果が出るかどうかには個人差があるからです。

以下の4つは主な薄毛治療法として知られているもの。それぞれメリット・デメリットがあるので、比較してみましょう。

自毛植毛

AGAで髪が抜ける箇所は、前頭部や頭頂部などです。後頭部の髪は抜け毛因子の影響を受けにくいため残りやすくなっています。

自毛植毛後頭部の髪を毛包ごと移植する手法です。自分の髪を移植するため副作用は出にくく、定着すれば再び抜け毛に悩むことがありません。

デメリットとしては費用が高額であること。AGA治療には保険が適用されないため、手術やメンテナンスにかかる費用はすべて自己負担となります。

HARG療法

あらゆる細胞に変化することができる幹細胞を用いて、頭皮の活性化を促す手法がHARG(ハーグ)療法です。

幹細胞から抽出したタンパクAAPEを頭皮に注射すると、毛母細胞が活性化されます。それにより発毛効果が高くなり、薄毛の症状が改善されるのです。そしてその状態は長期間維持できます。

HARG療法を導入するクリニックは増えています。しかし費用が高いことに加え、薬の服用も同時に行わなければならない点はデメリットだと言えるでしょう。

PRP再生医療

PRP再生医療は比較的新しいAGA治療法で、手法としてはHARG療法と似ていますが、使用するのは血液から抽出した多血小板血漿という成分です。

採血当日に施術可能というメリットがあるものの、やはり費用は高くなりがち。そして効果を維持するためには定期的な施術が必要です。

服薬治療

薬による薄毛の治療はクリニックでも主流だと言えます。通販などを利用して治療薬を購入している男性もかなり増えてきているため、薄毛に悩んだときは薬の使用を一番に考えてみるといいでしょう。

フィンペシアミノキシジルなどはAGA専用の薬として人気です。通販であれば処方箋なしで購入できます。

継続して服用する必要があり、治療期間は長くなってしまいます。そして人によっては効果が現れにくいことも考えられるため、自分の身体に合うものを見つけることが大切です。

気軽に試せる治療法としては最適なので、通販サイトなどで人気の薬を探してみるといいですよ。

今から実践できるAGA対策

AGAの対策法
AGAを発症する前に行える対策法があります。薄毛の症状が進行する前に実践することで、頭が薄くなってしまうことを避けられるかもしれません。

今からでも実践すべき対策法は以下の通り。

抜け毛・薄毛の対策
・シャンプーやリンスが残らないようしっかり濯ぐ
・シャワー後(洗髪後)は髪をしっかり乾かす
・バランスのよい食事を心がける
・カラーやパーマをできるだけ避ける
・頭皮のマッサージを行う
・過度な喫煙や飲酒は控える

たったこれだけでも薄毛のリスクを避けることができます。裏を返せばこれらの要素に当てはまる方はAGAを発症しやすいということ。心当たりがあればすぐに改善するようにしましょう。

症状が出たら早めの治療を

AGAの自覚症状があるなら、なるべく早い段階で治療を開始することが肝心です。なぜなら治療を先延ばしにすれば症状はどんどん進み、治療自体に時間がかかってしまいます。

薬なら通販で購入できるため、すぐに行える治療法として最適です。しかし進行した薄毛やAGA以外の原因だった場合、クリニックで専門的な治療を受ける必要があります。

早めの行動で症状の悪化を防げるので、日頃からAGAの要因になり得る習慣を改善し、健康的な生活を送るようにすることが最も大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする