フィンペシアを飲むと髪が抜ける?!初期脱毛は放置していいの?

薄毛治療のためにフィンペシアを飲み始めたのに、抜け毛が増えてしまった・・・。

このような症状が出る男性は少なくありません。この症状はフィンペシアが身体に合わないという理由で起こるものではなく、むしろ効果がしっかり現れている証拠です。

フィンペシアの初期脱毛の原因や対処法を確認してみましょう。

フィンペシアの初期脱毛はなぜ起こる?

初期脱毛とは
抜け毛を改善するために服用したはずのフィンペシアですが、飲み始めてしばらくすると、逆に抜け毛が増えてしまうケースがあります。これが初期脱毛です。

初期脱毛があると驚くのは当然。ただでさえAGAの症状で悩んでいるのに、抜け毛が治まるどころか増えてしまうと慌ててしまうものでしょう。

しかし、途中で服用をやめてしまうのはもったいないと言えます。なぜなら初期脱毛は薬の効果が現れている証拠だからです。

そもそもなぜ薬を飲むと毛が抜けるのでしょう。初期脱毛の原因を知るためには、ヘアサイクルの仕組みを理解しておく必要があります。

AGAはヘアサイクルが乱れている状態

正常なヘアサイクル
ヘアサイクルとは髪が生える~抜けるまでの周期を指す言葉です。毛髪を含む体毛にはそれぞれ成長期、退行期、休止期のサイクルが存在しています。

成長期・・・毛が成長し、太く濃くなっていく時期(2~6年)
退行期・・・毛の成長が止まり、毛球が退化していく時期(2週間)
休止期・・・毛が抜けていく時期(3~4ヶ月)

成長期の毛は長い月日をかけて太く濃く成長していくのですが、AGAになると成長期のサイクルが短くなり、毛が十分に育ちません。そのため毛は細くなり、伸びる前に抜けてしまいます。

その乱れたヘアサイクルに作用するのがフィンペシアです。

フィナステリドがヘアサイクルを正常化させる!

フィンペシアに含まれるフィナステリドは、AGAの原因となる酵素の働きを抑え、ヘアサイクルを正常化させます。この作用によって成長期の毛が十分に育つようになり、抜け毛は減っていくのです。

ではなぜ初期脱毛が起こるのか。それは薬の作用に注目することで明らかになります

フィンペシアを飲み始めると、乱れたヘアサイクルは一度リセットされます。フィナステリドの作用で新たな毛が成長し始めると、それまで生えていた毛がどんどん押し出されて抜けていくのです。

初期脱毛はいつから始まる?いつまで続く?

初期脱毛の期間
初期脱毛は誰にでも現れるということはありませんが、大多数の男性が経験するものでもあります。フィンペシアの服用を始めて2~3週間で起こることがほとんどです。

そして初期脱毛は早くて2週間前後、長ければ2~3ヶ月続きます。その間は抜け毛に悩むこともあるでしょうが、初期脱毛を乗り越えれば抜け毛は改善されていき、最終的にほとんど抜けなくなります。

多くの男性が通っている道なので、諦めずに堪える期間だと思い、服用を続けることが大切です。

初期脱毛中の抜け毛の量

頭部に残っている毛が多ければ多いほど、初期脱毛の量も比例して多くなります。フィンペシアを飲み始める前よりも増えることは覚悟しておきましょう。

薬を飲み始める前と比べ、少なくとも1.5倍前後の抜け毛はあるようです。

もちろん初期脱毛をあまり感じないという男性も居るので、抜け毛の程度には個人差があります。

初期脱毛を避ける方法について

フィンペシアによる初期脱毛は、服用をやめない限り避けられるものではありません。シャンプーなどのヘアケアも意味がないと言えるでしょう。

しかし、頭皮が透けて見えてしまう場合などは見た目が気になってくるものですよね。

可能であれば美容室などで髪型を変えてもらうか、かつらを被るなどして対処する方法をおすすめします。

初期脱毛はフィンペシアに限らずほとんどのAGA治療薬に現れるもの。一番の対処法は特に気にすることなく、症状が治まるのを待つことです。

抜け毛が増えることにストレスを感じることもあるでしょうが、それさえ落ち着けばあとは髪が生えてくるものだと信じて、やり過ごすことが肝心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする