フィンペシアの効果を徹底追求!飲み始めてどれくらいで効く?

AGAの治療薬は種類が増えてきていますが、フィナステリドを含むフィンペシアは通販で買える薬の中でも高い人気を誇ります。

ここではフィンペシアの効果、そして効果が出始めるまでの期間について解説していきます。

服用しているのに効果が出ない!」という方も、諦める前に一度目を通してみましょう。

フィンペシアが持つ効果について


フィンペシアの有効成分であるフィナステリドには、薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の増加を防ぐ効果があります。

DHTは男性ホルモンであるテストステロン、そして毛乳頭に存在している5αリダクターゼという酵素が結びついて作り出されるものです。数が増えると抜け毛が増え、AGAの症状はどんどん進行していきます。

フィナステリドは5αリダクターゼの活性化を阻害し、DHTそのものの増加を抑制することが可能です。

端的に言えば「AGAの原因となる要素をなくす」ことができるということ。

これまではクリニックで処方されるプロペシアという薬が主流でしたが、通販購入が可能なフィンペシアであれば価格も安く、より気軽にAGAの治療を行えます。

国に認められた有効成分フィナステリド

公益社団法人である日本皮膚科学会は、AGA治療におけるフィナステリドの服用を最高評価である推奨度Aとしています。要するにAGAの薬としての有効性が認められたということです。

臨床試験の結果をわかりやすくまとめたものがこちら。

フィナステリドの有効性について
■対象:日本人男性414名
■投与:フィナステリド1mg・0.2mgを1日1回
■観察期間:48週間
■判定方法:頭頂部の写真撮影

1mg/日の場合は58%、0.2mg/日の場合は54%の被験者に軽度改善以上の効果が確認できた。なお、2年および3年の服用を継続した場合、68%および78%の軽度改善以上の効果が見られた。

参照:日本皮膚科学会

服用を続けることでより高い改善効果があるという結果が出ています。AGAの症状が進行する前に治療を始めれば、薄毛の進行を食い止めることができるでしょう。

フィンペシアの効果が出るまで

フィンペシアが効き始めるまで
薄毛治療を始める際、薬の値段などを気にする男性は多いかもしれません。

しかしもう一つ知っておきたいものが「服用を始めてから効果が出るまでの期間」です。

AGA治療薬の中で人気があるフィンペシアは、服用してからすぐに効果が出ることはほぼないでしょう。少なくとも半年以上は飲み続けなければいけません。

有効成分であるフィナステリドは、薄毛の原因である酵素の働きを阻害し、髪が生え変わるスピードを遅らせます。つまり育毛というよりは症状の進行を止める働きがあるわけです。

ヘアサイクルが正常になれば自然と髪は生えてきますが、それまでには半年~1年ほどかかるケースがほとんど。抜け毛が止まっても、髪の太さやコシが元通りになり、密度が増えるにはある程度の時間がかかることを覚えておきましょう。

服用をやめるとどうなる?

なかなか効果が出ないからといってフィンペシアの服用をやめた場合、抜け毛の進行は止まらず、AGAの症状が改善されることはありません。

まずは半年から1年以上飲み続けてみましょう。服用を続けることで徐々に症状は改善されていきます。

もし長期間飲み続けても変化がないのであれば、フィナステリド以外の成分を含む薬にシフトしてみるのも悪くありません。

なお、フィンペシアの効果によって薄毛が改善されたとしても、服用をやめれば髪は抜けてしまいます。フィナステリドには体質を変える効果はありません。状態を維持するためにも飲み続けるようにしましょう。

長期治療に最適なフィンペシア

フィンペシア通販は安い
フィナステリドを含む薬でAGAの改善を目指すなら、効果が出るまでには半年以上の服用が必要です。

そしてその効果を持続させるためにも飲み続けなければいけません。

クリニックで処方される薬に比べ、通販購入できるフィンペシアは格安です。同一の有効成分なので効果に大差が出るわけでもありません。

薬の服用が長期に及ぶと費用が大きくなるため、それを気にして治療に踏み出せない男性も居るでしょう。しかしフィンペシアなら気軽に購入できる値段です。気になる薄毛の症状を食い止めるためにも、早めの治療をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする