【AGAの原因・症状】簡単セルフ診断で薄毛の状態チェック!

多くの男性を悩ませるAGAその原因を知っていますか?

今は大丈夫でも、数年後には薄毛の症状が進行してしまうかもしれません。それを避けるためには原因を理解しておくことが大切です。

治療を始めようと考えている方も、今一度AGAの原因や症状をしっかり確認してみましょう。

AGAの原因とは

AGAの原因とは
AGAはAndrogenetic Alopecia(アンドロジェネティックアロペシア)の略で、男性型脱毛症を指す言葉です。

男性の薄毛・抜け毛はすべてAGAというわけではなく、男性ホルモンが原因で髪が抜けたり薄くなったりする脱毛症だけをそう呼びます。

テストステロンという男性ホルモンは、筋肉や体毛の形成に深く関係しています。健康的な身体を維持するためにも必要な存在です。

しかし頭部の皮脂腺や毛乳頭細胞の5αリダクターゼという酵素と結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンに変化してしまいます。

ただ、DHTが薄毛の直接的な原因ではありません。むしろ男性機能を発達させるために必要で、誰もが体内で分泌しているホルモンです。

AGAの仕組み

問題なのはDHTが増え、毛乳頭の男性ホルモンレセプターと結びつきTGF‐βが生産されること。TGF‐βはヘアサイクルを乱し抜け毛を促す作用を持つため、AGAの症状を進行させてしまいます。

ハゲは遺伝するってホント?

血縁者に薄毛の男性がいる場合、AGAを発症する確率は高くなります。

まず考えられる要素は5αリダクターゼの活性度の遺伝です。両親のどちらかがこの遺伝子を持っている場合、必ず遺伝し、DHTの分泌量は必然的に増えます。

そして母方から受け継ぎやすいものが男性ホルモンレセプターです。感受性が高い場合、AGAの症状は現れやすいでしょう。

このことから、父方よりは母方からの(隔世)遺伝が薄毛につながりやすいと考えられます。

ストレスも抜け毛のきっかけに

不規則な生活習慣ストレスが原因でホルモンバランスが乱れると、ヘアサイクルに影響を及ぼし、その結果髪が抜けてしまうことがあります。

食生活の乱れも要注意です。髪は毛細血管から栄養を吸収しています。その栄養は食事から摂取するものなので、偏った食生活は髪の成長を妨げる要因になってしまうのです。

睡眠不足なども血行不良やストレスの増加を引き起こすため、健康的な生活を心がける必要があります。

AGAの症状に心当たりは?

薄毛のチェック項目
AGA専門のクリニックも増えてきて、治療は身近なものになっています。

しかし症状が進行してからでは治療に時間がかかるもの。初期症状にいち早く気づき、すぐにでも治療を始めることが肝心です。

今現在は抜け毛が気にならないという男性も、以下のチェック項目をご覧ください。

AGAセルフチェック
  • 父方または母方の親族に薄毛の人がいる
  • 最近抜け毛が増えた気がする
  • 枕によく抜け毛が落ちている
  • 髪が細く、コシがない
  • 思春期に比べて髪のボリュームが減った
  • 髪の生え際が後退している
  • 頭頂部の頭皮が透けて見える
  • 頭皮がベタつく(皮脂が多い)
  • ヘアカラーやパーマを繰り返している
  • 喫煙者である

もし3つ以上の項目に該当している場合、AGA予備軍であるか、もしくはすでに発症しているリスクが高いと言えます。

現在抜け毛の症状が心当たりがあるという方は、治療薬などを使用して改善を目指すといいでしょう。

初期症状を見逃さないことが大切

AGAになると、一気に髪が抜けてくるということはなく、症状はゆっくりと進行していきます。

初期症状の特徴は「髪質の変化」です。

ヘアサイクルが正常である場合、成長期の毛は2~6年ほどの期間で生え変わります。しかしAGAになると成長期の毛が十分に太くならないまま1年ほどで抜けてしまい、細くコシのない毛ばかりになるのです。

「最近髪が細くなった気がする」という変化を見逃さず、すぐに治療を開始すれば、頭頂部や生え際の薄毛を予防することにもつながるでしょう。

頭頂部や生え際を日々確認!

AGAの進行パターンは、ハミルトン・ノーウッド分類によって9つのタイプに分けることができます。

大きく分けると頭頂部、生え際、前頭部の3タイプなのですが、具体的な進行パターンをイラスト化したものがこちら。

ハミルトンノーウッド方式の図

最初は生え際が徐々に後退していくパターンが多いようです。

毎日鏡を見て頭髪の状態を確認していれば、AGAの初期症状に気付けます。フィンペシアなどの治療薬は通販で購入できるため、クリニックに通うことが難しいのであれば海外医薬品の通販を利用するのもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする