個人輸入はカンタン便利!フィンペシアの購入手順とは

外国製の医薬品は個人輸入代行を利用することで手軽に購入できます。

インド製であるフィンペシアはもちろん、通販で取り扱われているAGAの薬は処方薬に比べて種類豊富です。

注文してから手元に届くまでの流れを確認しましょう。

違法じゃない!フィンペシアの個人輸入は通販と同じ

フィンペシアの購入方法
ネットの口コミの中には「薬の通販は危険」だという意見もありますが、一概にそうとも言えません。

なぜなら薬の個人輸入は法律で認められた行為であり、利用する通販サイトさえしっかり選べば正規品の海外医薬品を購入できるからです。

個人輸入という言葉のイメージからして、面倒な手続きなどが必要だと思われがちですが、専用のサイトを利用することで手間も省けます。

通販で商品を購入するまでの流れは以下の通り。

フィンペシアの購入手順
1.通販(個人輸入代行)サイトでフィンペシアを検索
2.セット内容(数量)を確認し、カートに入れる
3.カートの中身を確認後、誤りがなければ購入手続きへ
4.氏名や住所などの情報を入力する
5.購入方法を選択する
6.最終確認後、決済完了

このように、個人輸入は一般的な通販とほぼ同じです。ほとんどのサイトで会員登録が必要ですが、年会費などが発生することもまずありません。

商品の到着には時間がかかる

フィンペシアの注文時、入金が確認されて初めて商品の発注が行われます。一般的な通販の場合は当日や翌日の発送も珍しくありませんが、海外の医薬品はその国から直接発送されるため、そういうわけにもいきません。

そして日本に輸送される前には税関を通ります。国の情勢によっては検査がかなり厳しくなり、荷物の到着にかなりの時間を要することもあります。

商品の注文から到着までには、少なくとも1~2週間はかかることを覚えておきましょう。

支払い方法は様々!

決済方法
一般的な通販サイトでは、代金引換(代引き)や指定銀行口座への振り込み、クレジットカード払いによる支払いが主流です。

海外医薬品を個人輸入する場合もいくつかの購入法があります。しかし基本は「先払い」です。

そのため後払いに当たる代金引換には対応していないことがほとんど。確実なのはコンビニ決済やクレジットカード払いなので、サイト内の案内をよく確認しておくといいでしょう。

クレジットカードなどの情報を提示することを不安に思う方もいらっしゃるでしょうが、信頼できるサイトであれば個人情報の扱いも適切です。実績があるサイトを選べば問題ありません。

もちろんコンビニ決済や銀行振り込みを利用することも可能です。

ただ、フィンペシアを扱う通販サイトによって支払い方法は異なります。複数の支払い方法に対応しているサイトなら都合に合わせることができるため、便利だと言えます。

返金・返品はほぼ不可能

個人輸入代行サイトを通じて購入したフィンペシア、またはその他の薬については、一度決済が行われると返金することができません。

代行サイトは購入者と海外のメーカーの橋渡し役。購入者に代わって商品を注文するだけなので、その他の手続きに関しては対応できないことがほとんどです。

届いた商品が破損していた場合などは、サイトによっては交換や返品が可能なこともありますが、購入者の都合による返金などには応じてもらえないことを理解しておきましょう。

商品を選ぶ際、または個人情報の入力時などは誤りがないかをよく確認し、その上で決済を行うことが大切です。

何らかのトラブルが起きたとき、相談窓口を設置している通販サイトなら気軽に連絡できるため、そういった点をサイト選びの基準にしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする